2012年12月20日

郊外型薬局の不可解さ

久しぶりに郊外型の薬局へ行きました。

ところが、店の看板を見た途端に唖然とさせ
られました。酒とタバコも売っているのです。



そして、店内へ入ってまたもや衝撃です。

カップ麺などのインスタント食品が山積みされ
ているではありませんか。

薬と毒の両方を売る神経を疑いましたね。売れる
ものなら何でも売るのが商魂なのでしょうか。



まあ、世の中にはこんな例がいくらでもあります。

たまたま薬局を例に出しただけで、薬局に恨みが
あるわけではありません。

しかし、商売にもモラルがあってしかるべきです。

何でも売っているのは便利に違いないのですが、
タバコはちょっと行き過ぎじゃないですか。



その店には生鮮野菜まで売っていて、スーパーな
のか薬局なのかと思いました。

それでも、便利さゆえか、客の入りは多かったです。

そのうちに、書店で拡大鏡や老眼鏡を売るようにな
るのでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 12:30| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする