2012年12月25日

小選挙区制度を考える

衆議院選挙の結果、小選挙区制度を批判
するブログ記事をチラホラ見かけます。

死票が多くなったとか、自民党を勝たせ
過ぎたという思いがあるのでしょう。



一方で、政権交代が容易になったという
利点はありました。

ただ、落選した人が比例で復活するのは
納得いかないという意見は多いですね。

この点は改善すべきだと思います。



どんな制度にしようも、死票は必ず発生
します。候補者が2人しかいない場合、
得票率が51対49ですと、49%が死
票になってしまうのは仕方がありません。

それよりも、小選挙区だからこそのいい面
があると考えています。

それは、立候補者が選挙期間中だけではなく
政治活動中にも緊張感を持ち続けなくては
いけなくなった点です。

一人しか選べないからこそ、有権者は最も
国民のために働いている候補者に投票する
でしょう。

つまり、有権者が政治家を育てる制度でも
あるのです。



第3極の台頭に期待した人も多かったこと
でしょうから、今回の結果をなかなか受け
入れられないかもしれません。

ですが、自公政権がダメだった場合、次こ
そ第3極の政党に政権を渡せる制度でもあ
るのですから、自公勢力がどこまで反省し
ていたのか、見極めることにしませんか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:小選挙区制度
posted by 子竜 螢 at 13:02| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする