2013年01月06日

1億5540万円のマグロ

なんとも豪快なニュースが入ってきましたね。
築地市場のマグロの初セリで、1億5540
万円の値がついたマグロですよ。

落札したのは東京中央区にある寿司店です。

香港資本の寿司チェーンと最後まで競った結果
昨年の最高値の3倍にもなりました。

漁師の取り分は7割ですので、青森県の大間
漁港の漁師さんには凄いご祝儀となりました。



1キロあたり70万円にもなるのですが、落札
した寿司店では、通常の価格で顧客に提供した
らしいですね。一種の宣伝広告費と考えていた
のでしょう。

ただし、こうした手法の宣伝には、大きな問題
が含まれています。店の資本金が9000万円
といいますので、なおさらです。

経済の常識としては需要と供給のバランスにより
価格がある点で落ち着くものですが、他の魚や
セリにも影響を与えかねません。

マグロそのものに1億円以上の価値があるわけ
ではありませんから、健全な市場経済を破壊する
行為と指摘した新聞も何紙かありました。



それにしても、マグロはマグロでしょう。ドッと
店へ押し寄せて食べている客へのインタビューが
ニュース映像で流れていましたが、何か特別なも
のでも食べているかのように錯覚していました。

自身への話題作りですか。普段食べているマグロ
の何百倍も美味しかったのでしょうか。

かといって、食べたことを批難しているのではあり
ませんよ。宣伝の材料にされている認識がないこと
に危惧しているのです。経済破壊の一端を担ったこ
とに憂慮しているのです。



1キロ70万円にふさわしい価格で食べたのであれ
ば、大いに自慢をしてくださいな。庶民にはとても
無理ですので、今年1年は気分よく過ごせるでしょう。

でもね、明らかに馬鹿げたことに対して組してはなら
ないと思うのですよ。

価値観は人それぞれかもしれませんが、通常価格だ
から食べたわけで、1貫が5万円だったら食べたで
しょうか。

早い話が、セリ落とした価格が凄くとも、食べたのは
普段の価格のマグロであって、客には何のプレミアム
も存在しなかったってことです。



というわけで、正月早々から辛口トークでした。

わざわざ食べに行った人には、ごめんなさいね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:築地 大間マグロ
posted by 子竜 螢 at 10:48| Comment(6) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。