2013年01月28日

通常国会の論点

今日から通常国会です。

6月の会期末までの間、さまざまな論議が
されると思いますが、安倍政権の目玉は言
うまでもなく経済政策です。



ただ、野党からは自民党の先祖帰りを批判
する動きがあり、参議院では与野党が逆転
していることもあって、安倍首相の政治手
腕が試されるでしょう。

先祖帰りとは、道路特定財源の復活と建設
国債の大量発行による公共事業の発注です。

また、脱デフレも安倍政権が目指している
ところでして、最近の株高や円安が政策へ
の期待を反映しているものとなっています。



今国会でもうひとつ注目されるのは、合併
によって政策が不透明になった維新の会が
どのような質問や議員提案をおこなうのか
というものでしょう。

原発・増税・TPPなど、二人の共同代表
が正反対の意見を度々述べてきましたので
党としての方向性が判明します。

野党の第二党なのですから、ここは重要で
すね。



各党とも、早くも夏の参議院選挙を意識し
ての論戦となるでしょう。

ただし、国民にとって最善なのは、という
気持ちだけは忘れてほしくないものです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:アベノミクス
posted by 子竜 螢 at 14:26| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。