2013年02月05日

占いを信じますか

昨日、立春を迎えました。旧暦の正月です。

この日に年賀状を出すというのもオツなもので、
今日届いたのが1通ありました。



ところで、あなたは占いを信じるほうでしょうか。

子竜は昨日より大殺界へ突入です。3年間の不遇な
期間の始まりなのですが、別の占いでは、今年は
来年の飛躍への準備期間だとか。

星座占いのような西洋式のものではなく、東洋式の
占いは1年の始まりを立春にしていますので、節分
までは昨年です。



子竜は占いのいいところ取りをするほうです。

たくさん占いがありますから、毎年いいことを言って
いる占いだけを信じて、潜在意識に刷り込んでいます。

潜在意識に刷り込むには、1日に1回は声に出して
言うことですね。

すると、悪い占いのほうは忘れて、いい占いだけが
意識に残ります。

要するに、占いとは信じるとか信じないとかという
レベルのものではなく、利用すべきものと考えている
のです。



昔、姓名判断を真剣に勉強したことがありました。

しかし、ある日ふと思ったのです。漢字を使わない
文化圏の人はどうなるのか、と。

また、名前はあっても文字のない民族もいるようで、
そういう人たちを占うことはできるのだろうか、と。



結論として、いいところ取りをするしかないのが占い
でした。人の運命が数えるほどの種類しかないはずは
ありません。

風水だって、集合住宅に入居している人が全員同じ
運命であるはずはないのです。

あなたは、それでも占いを全面的に信じていますか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:大殺界
posted by 子竜 螢 at 14:45| Comment(2) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする