2013年02月09日

外れ馬券は必要経費か

外れ馬券は、果たして必要経費なのか。

今、大阪地裁では国税庁と警察を相手に
競馬ファンの男性が争っています。

男性に課せられた競馬所得5億7000万円
に対する脱税容疑で、39歳の男性は、実際の
所得は1億4000万円ほどで当てるために
購入した外れ馬券が多額に上ると主張してい
ます。

それに対して国税庁は、所得が生じた直接の
費用しか認められないとし、警察も脱税容疑
で1年6ヵ月の懲役刑を要求しました。



競馬をやった人ならわかると思いますが、高額
当選を狙おうとするなら、大多数が外れるのを
承知で数多くの種類に投票しないと当たりませ
んよね。

しかし、税法上では所得を生んだ直接の経費、
すなわち、当たり馬券の購入代の100円しか
認めていないのです。

そんなバカな。

競馬をやったことのない人は、宝くじにあてはめ
てみるといいです。宝くじは所得税がかかりませ
んが、かかるとすれば、いかに理不尽な法制度な
のかがわかるでしょう。

1等を当てるのに1枚しか買わない人はいません
よね。多くの人は何十枚も買っています。



注目される第一審の判決は5月23日です。

判決によっては、ますます公営ギャンブルから
ファンが離れてゆくかもしれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:競馬
posted by 子竜 螢 at 08:11| Comment(2) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。