2013年02月10日

馬脚を現す

尖閣諸島をめぐる火器管制レーダー照射
問題で、中国側は日本の捏造だと反論し
てきました。

まあ、予想されていた範囲ではあります。



しかし、この反応には重要な意味が隠され
ていると思われます。

なぜなら、中国側は日本の護衛艦がロックオン
されてもわからない程度の性能だと思い込んで
いたのではないかと推測されるためで、裏を
返せば、中国艦艇の性能が、相手からロック
オンされてもわからないことを意味している
かもしれないのです。



ずっと以前に、北朝鮮が拉致被害者の遺骨と
偽って、他人の遺骨を送ってきたことがあり
ました。

このときも、日本のDNA鑑定技術を舐めて
いたフシがありまして、日本側の捏造と言い
張りましたからね。

今回も同じ種類の話ではないかとピンときた
わけです。

つまり、中国海軍の実力はロックオンされて
もわからない程度のものだということであり
馬脚を自ら現したものといえるでしょう。



ならば、空軍機においても同程度である可能性
は高く、尖閣諸島付近で軍事衝突が発生したと
しても、日本の圧勝に終わるでしょう。

近代戦は数だけの戦いでは勝てません。中国側
が日本の軍事力の真髄を思い知ったなら、尖閣
に関する方針を見直さざるを得ないでしょうね。

日本側の捏造と反論した時点で、逆に弱点を
さらしてしまったのですから、舞台の馬の役
をしている二人の人間よりもずっと演技が下
手でした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:尖閣諸島
posted by 子竜 螢 at 06:51| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする