2013年02月15日

家庭ゲーム機の未来

ソニーから年内にプレイステーション4が
発売になる見通しです。

2月20日に正式な発表があるとのことで
すが、ワクワク感が感じられないのはなぜ
でしょうかね。

ソーシャルゲームの普及によって、家庭用
ゲーム機の時代は終わりつつあるのでしょ
うか。



プレイステーション3が発売された当初、
1や2のゲームもできるのは当然とした機
能を備えており、価格も6万円台でした。

その後、互換性はなくなり価格も3万円台
に落ち着きましたが、専用のソフトを新た
に買わなくてはならず、品揃えの貧弱さも
あって、人気は急激にしぼみました。

また、通信機能もソーシャルゲームの普及
によってとくに目玉でもなくなったことか
ら、中途半端な感じになりました。

4では、こうした点の改良があるのでしょ
うかね。



一方、WillやXboxなどは堅調でして
プレイステーションの一人負けといった感じ
がしないでもありません。

要はソフトのヒット率なのでしょう。



ところが、家庭用のゲーム機が世代交代する
毎に、ゲーム自体に高度なスペックを用いる
ようになりました。

その結果、画像の画素度がさらに細分された
ゲーム制作技術が求められ、ソフトメーカー
の技術投資が追い着いていません。

続編が出てもおかしくない人気シリーズでも
出せなくなったのは、ソフト制作メーカーの
ほとんどが中小だからです。



遊ぶ側が何を求めているのか。

もう一度見つめなおしてほしいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 10:22| Comment(3) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする