2013年03月09日

中朝関係の危機

安保理の制裁決議によって、北朝鮮は朝鮮
戦争時に結んだ休戦協定を一方的に破棄し
ました。

これによって、韓国とアメリカは自動的に
北朝鮮との戦争状態に逆戻りです。



しかし、休戦協定に参加していた中国は、
協定破棄をしていませんので韓国やアメリ
カと戦う理由がありません。

つまり、北朝鮮は中国という同盟国を失っ
たことになったのです。



先日も、北朝鮮の核ミサイルは北京に照準
されているとお伝えしました。

一見仲の良かった両国ですが、朝鮮戦争で
国連軍を38度線まで押し戻したのは中国
軍だったのに、金日成神話を完成させるた
め、北朝鮮では中国軍の働きが伝えられて
いないといいます。

また、北朝鮮領内にあった中国軍兵士の墓
も次々に開発のためと称して壊されている
ようで、我々が知っていた両国の関係は、
実は怪しいのではないかと思えるのです。



中国の歴代主席は、北朝鮮が暴走する前に
中国軍を進駐させて、中国に都合の良い傀
儡政権を打ち立てた後、半島を統一すると
いうシミュレーションを行なってきました。

だが、北が核を持ったことで、そのシミュ
レーションが役に立たなくなったのですか
ら、今回の制裁決議に賛成したのでしょう。

北朝鮮の崩壊は、以外に早くやってくかも
しれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:中国 北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 17:06| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。