2013年03月12日

メタンハイドレートの実用化

愛知県沖で試験採掘されていたメタンハイド
レートですが、採取に成功したとのニュース
が飛び込んできました。

メタンガスが深海の水圧と低温とでシャーべ
ット状になっているものなのですが、常温に
戻すと400倍ほどに膨れ上がります。

日本が必要としている100年分とも200
年分ともいわれる量が近海に眠っているので
すから、実用化されれば脱原発は可能になり
ます。



子竜は、2006年に刊行した「戦艦大和
2010」で、すでにメタンハイドレート
の実用化を予見しておりました。

エネルギー輸出国となった日本が、国防の
ために戦艦大和を新たに建造するという話
です。



ともあれ、これでオーランチキトリウムと
いう石油を内蔵する藻の栽培にも成功した
なら、日本は本当にエネルギー輸出国とな
り得るでしょう。

また、メタンハイドレート採掘の技術は日本
が飛びぬけていますので、世界各地の採掘権
を得るのも難しくはありません。

税金がゼロでしかも掛け金なしの年金が支給
される時代がやってくるかもしれませんよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 12:41| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする