2013年03月14日

春闘の回答に喜ぶな

昨日は、大手企業の集中回答日でした。企業
間のばらつきこそあったものの、ほぼ満額に
近い組合側への回答となっています。

ただ、春闘はここからが本番で、もっと多く
の組合員が所属する中小企業の回答こそ、こ
れからの景気動向を左右するでしょう。



そして、浮かれてはならないのは、1年後に
は消費税の増税が行なわれるという事実です。

実際には夏の参議院選挙後に政府が実施を判断
することにはなっておりますが、公共事業の拡
大を進めたい安倍政権が順延するきずはなく、
既定のものと考えたほうがよさそうです。

とするなら、消費税の増税以上に賃金が上昇し
ないことには赤字になるわけで、円安による
物価上昇も考慮するなら、決して明るい未来
とはいかないでしょう。

企業にしても人件費の高騰はさらなる海外進出
への拍車となりそうなだけに、手放しで喜べる
ものではありません。

また、人件費の高騰は新たな雇用の創出を阻み
ます。ワークシェアリングという考え方ではな
いのですが、そういう一面も出てくるというこ
とです。



まあ、今のところは素直に喜んでおくとします
が、消費税の増税法案を廃止にさせない限り、
元の木阿弥になると言いたいのです。

過去、景気が浮揚しかかったときに税率を上げ
て水を差してきたのが消費税でした。

同じ轍を踏んではなりません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:消費税 春闘
posted by 子竜 螢 at 10:42| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする