2013年03月16日

拉致事件解決への1歩となるか

日本はEUと共同で、北朝鮮に対する人権
を調査する特別委員会の設置を、国連に提出
することとなりました。

同委員会は、政治犯への強制収用や拷問等に
加えて、外国人拉致事件も調査するのが役目
で、現地調査の権限を与えるものとなってい
ます。

当然、アメリカなどの西側諸国は賛成する見
通しで、毎年人権委員会で議題に上っている
だけに、可決されるのは間違いなさそうです。



これを北朝鮮制裁の一貫と見なすなら、相当
に追い詰められることになりそうです。

なぜなら、現地調査を受け入れた場合、体制
そのものが揺らぎかねないでしょう。

拉致問題の解決にも期待できるかもしれません。



しかし、度々国連決議を無視したり破ってきた
北朝鮮ですから、現地調査団を受け入れるはず
はありません。

とはいえ、アメリカなどからの武力行使に口実
を与えても不味いでしょうから、まさしく正念
場を迎えることになりそうです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 10:33| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする