2013年04月05日

老齢者雇用法

4月1日から老齢者雇用法が施行されました。

年金の支給開始年齢を65歳に引き上げたの
で、その間の5年間を埋めようと捻り出され
た苦肉の策ですね。



国の都合を民間に押しつける形の法律でして
希望すれば65歳まで定年を延長できるとい
うものです。

しかし、そのしわ寄せが若者の雇用にゆくの
は間違いありません。



そもそも、年金の支給開始年齢を引き上げた
ことこそ、憲法違反ではむないでしょうか。

一票の格差問題どころの話じゃありません。
世代間の不平等を認める法律なんて、違憲
そのものですね。

誰も異議を唱えないのが不思議なほどです。
若者は、絶対に集団訴訟を起こすべきですよ。

年金も雇用面でも損をして、なぜ黙っているの
でしょうかね。不思議です。



と久しぶりの辛口トークでしたが、老人世代
と若者世代の一生での総収入が9000万円
も開いてしまうのです。

年金法の改正と老齢者雇用法によってです。

訴訟によって利益がもたらされない子竜には
訴訟資格がないとして却下されますから、ぜ
ひ立ち上がってくれる若者に期待したいです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:老齢者雇用法
posted by 子竜 螢 at 16:21| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。