2013年04月23日

100円の壁

昨年末の衆議院選挙以来、アベノミクスへの
期待感から円安に向かいました。

しかし、何度も100円の大台に乗りそうに
なりながらも、直前で足踏みをしています。



日本の大手企業の生産拠点は、アベノミクス
のずっと以前から海外へ移転しており、円安
による輸出額増はあまり見込めません。

その一方で、国内の工場などは電気料金の値
上げや海外資材の高騰によって、円安には冷
めた見方をしています。

とくに国内の中小企業には円安のメリットは
なく、給与上げが求められるだけ辛さが増す
かもしれません。



もともと、為替相場とは急激な為替変動に対
する保険ですので、企業はもっと活用すべき
でしょう。

円安になると困る企業は、円安になるほど儲
かるように為替相場へ介入しておく必要があ
るのです。

ただし、一般国民は為替相場にかかわらない
ほうが身の為ですよ。

数百億円単位で資金を動かす相手に勝てるは
ずはないのです。

どうしても副収入を目指したいなら、なくなっ
ても困らない範囲の金額でやりましょう。

間違っても生活費まで投入しないように。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 09:37| Comment(2) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。