2013年04月27日

死刑への抗議は?

2人の死刑が執行されました。

それに対して、人権団体や弁護士のグループ
が抗議の声明を出しています。



なぜその二人が選ばれたのかという説明がない
とは、どういう論理なのか理解できないのです
が、谷垣法務大臣はむしろ法を遵守していない
大臣です。

死刑は、判決確定後30日以内に執行するのが
法の定めたところであり、これを守らない大臣
は報酬を返上すきですね。

歴代の法務大臣の中には、私は死刑に反対です
などと言う人までいました。

悪法も法なのです。死刑に反対であれば、国会
に廃止法案を提出すればいい。死刑反対の候補
者に投票すればいいのです。



死刑を廃止するなら、報復殺人を合法とすべき
でしょう。そういう血で血を洗うことがないよ
うに、被害者の遺族に代わって制裁を課すのが
死刑制度です。

欧米の廃止へ向けた風潮を持ち出して反対する
のは、いささか的外れではありませんか。



消費税の増税もTPP参加も原発の再稼動も、
国会で決定したなら従うのが有権者の正しい
あり方でしょう。

それでも反対なら、そういう議員に次回は投票
しないだけ。それが民主主義というものです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:死刑廃止論
posted by 子竜 螢 at 10:19| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。