2013年05月03日

憲法改正論議

今年ほど憲法論議か盛んな記念日は初めて
だという気がしますね。

政府自民党が提案している第96条の改正
安は、改憲に必要な要件を緩和するもので
すが、主な目的が第9条の改正にあるのは
いうまでもありません。



第9条の改正に賛成の人でも、実は2種類
あるのだろうと思います。

自衛隊を正式な軍隊に位置づけたい人。

専守防衛をはっきりさせたい人。

こうして分かれているのは、第9条の付帯
2項がどのようにでも解釈できる条文だか
らなのでしょう。

また、1度の敗戦による自虐史観から脱却
する目的での改憲論者もいるようです。



ただ、子竜としては、国会議員3分の2の
賛同を必要とする第96条の改正には反対
ですね。

国民が真に改正を必要と感じたときには、
決してハードルは高くないですし、同様の
既定を設けている他国でも、改憲が何度も
行なわれているからです。

仮に、議員の半数でよいとしますと、政権
が交代する度に改憲されかねませんから、
政治の場だけではなく、国民生活まで混乱
するかもしれません。

憲法を変えることによって、多くの法改正
が必要となってくるからですね。

聖人を18歳にするだけでも100以上の
法の条文を変えなくてはならないのですか
ら、度々改憲ができる制度には改めないほ
うがいいと思います。



ともあれ、これだけ改憲意識が高まってき
た以上は、今年のうちに決着をつけないと
繰り返しの論議にエネルギーを費やすこと
になってしまいます。

できれば、原発やTPPなどの国論を2分
する問題には、国民投票で決着する制度を
入れてほしいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:日本国憲法
posted by 子竜 螢 at 11:45| Comment(2) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。