2013年05月31日

日本版NSCの問題点

日本版のNSC創設が話題に上っています。

国家安全保障局のことですが、アメリカの
CIAなどに相当する総理大臣の諮問機関
が必要ではないかという提案です。



日本は伝統的に情報の収集と分析を軽んじて
きた傾向がありました。

大戦の末期、ソ連はすでに参戦を決めていた
のに、日本は停戦の仲介を求めようとしてい
たのですから、情報能力はゼロに等しいもの
でした。

桃太郎の物語に登場する犬・猿・雉が意味す
るところは、忠誠心・知恵・情報能力だとい
われております。

日本もようやく情報の重要性に目覚めたかと
喜ばしい反面、問題がないではないのです。



もっとも問題なのは、日本が大統領制ではな
く議院内閣制を採用している点ですね。

首相公選制でもいいのですが、毎年首相が交代
している現状や、交代しやすい制度のもとでは
NSCに求められる優先情報も変わってしまう
でしょう。

つまり、落ち着いた情報能力を発揮できない
環境なのです。



とはいえ、今までなかったことこそ不思議なほ
どですので、設置と要員の養成には力を注いで
ほしいものです。

ただし、ゲシュタポのような秘密警察にならな
いよう、長官の人事は国民投票に委ねてはどう
かと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 10:15| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。