2013年06月02日

戦争終結を認めない中国

中国政府の洪報道官が、尖閣諸島の帰属を
日本に定めたサンフランシスコ講和条約は
無効であるとの見解を示しました。

ええっ!

戦争が同条約によってようやく終結したの
ですが、まだ戦争中だとでも言いたいので
しょうかね。

それとも、今も日本は連合軍の占領下であ
ればいいと考えているのでしょうか。



自らも加わっていた条約を、今になって無効
だとする神経は、到底理解できません。

尖閣諸島だけのために国際ルールを無視する
ごときの発言は、今に始まったことではない
ですが、さすがに呆れてものが言えません。

これが政府の報道官の発言ですし、発言によ
る処罰を受けたという報道もないことから、
まあ、本気なのでしょう。



とすれば、中国は戦勝国という立場を捨てた
と見るべきで、安保理の常任理事国を辞退し
てほしいものです。

まだ戦争が終わっていないと言っているので
すから、戦勝国ではありえません。



かつて、日本がお手本にしていた中国は、共産
国となってから見る影もなくなりました。

地球の裏側にある国ならば気にはなりませんが
幸か不幸か、隣国であるだけに、無茶ばかりを
言ってくる困り者です。

この件が国内であまり報道されないのは、もう
うんざりなのかもしれませんね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 13:14| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。