2013年06月05日

第三の矢に失望した株式市場

三本の矢の故事は毛利元就ではなく、中国
の古典にみることができます。

たしか、戦国策だったかと思いますが、後
世の者による作り話なのでしょう。



アベノミクスの第三の矢というか、成長戦略
の第三弾が発表されました。

ところが、企業の設備の買い替えなどに国が
補助をするなど、ずっと以前から伝えられて
いる内容ばかりで、真新しいものはありませ
ん。

法人税の大幅減税が打ち出されなかったこと
で、株式市場はまたもや暴落ぎみです。



インフラの整備維持に民間の資金を活用する
という従来にはなかった発想も含まれており
ますが、具体案が示されていない以上、市場
の反応は冷めたものでした。

昨日も述べましたが、ムード先行型のミニバ
ブルで終わっては、物価高と増税だけが国民
にのしかかります。

参議院選挙で自民党が圧勝するのにも、もっと
大胆な経済政策が必要でしょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする