2013年06月07日

センター試験を廃止の方向へ?

政府の教育再生実行会議は、大学入試で
行なわれているセンター試験を廃止して
数回に分けた到達度試験への変更を提案
しています。

いわゆる一発勝負をやめて、受験生に複
数回のチャンスを与えようというもので
すが、この問題にも賛否両論があるよう
です。



かつて、大学ごとに別々の入試を行なって
いたのをまとめたのが共通一時試験で、私
立も加わってセンター試験となりました。

これらの制度は足切りにつながるものとして
当初から批判があったのですが、見せ掛けの
倍率がなくなったという利点もありました。



今回提案されている達成度試験は、大学へ
進学するにふさわしいかどうかを判断する
ためのもので、高校を出ていない人の大検
に相当するものです。

ですので、高校生は何年生でも受験できる
のですが、課題がないわけではありません。

受検のみに特化した私立高校が有利となる
でしょう。高校の部活が退化するかもしれ
ません。



子竜の考えとしては、いっそ昔のように大学
ごとの試験に戻すべきだと思います。

なぜなら、多様な人材を育成するには、画一
的な試験は意味を成さず、むしろ大学ごとの
特色があっていいと思うのです。

試験の内容も、語学のみとか理数系のみとい
う大学があってもいいでしょう。

また、大学の個性によっては面接と作文のみ
もアリでしょう。要は、世の中の多様化に向け
た大学の個性化と人材の育成方法です。

すべての若者を金太郎飴にする必要などないと
思うのです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 06:45| Comment(2) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする