2013年06月17日

父の日の父親

母の日は5月なのに、父の日はなぜか一ヶ月
遅れの6月です。

女という漢字は2年生で習うのに、男が3年生
なのは、男女平等という意識とは別の問題なの
でしょうか。



母親に比べると、子供にとっての父親の存在は
小さくて当然なのですが、なぜ、と理由を考え
ても、明確な答えが見えてきません。

もちろん、子育ての中心が母親だからなのです
が、最近では育メンも増えていますので、答え
が見えにくくなっています。

おそらく、胎内の記憶が潜在意識の中に残って
いるからなのでしょう。

2歳くらいまでは、胎内でのことを覚えている
ようです。



父の日の父親は、女の子にとってどういうふう
に映っているのでしょうか。

ある居酒屋に行きましたら、父娘カップルがふた
組もいました。とても和やかで、父親のほうは
満面の笑みでしたね。

いかにも父の日といった情景に、子竜はひとりで
密かに乾杯しました。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:父の日
posted by 子竜 螢 at 09:48| Comment(4) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。