2013年06月21日

中国人の人身売買

中国で人身売買の一斉摘発が行なわれました。

その結果、9省で逮捕者が355人。保護され
た児童が89人もいたといいます。

この事件を伝えた京華時報によりますと、人身
売買は日常的に行なわれており、今回の摘発は
まだ氷山の一角だという。

また、南方時報に掲載されていた記事には、ネット
上のサイトで赤ちゃんの譲渡をするのが流行になっ
てきたらしく、譲渡側が40〜150万円の保証金
を受け取ることから、実質的な人身売買だと懸念を
しています。



このような人身売買は文化度の低さを物語っている
わけですが、一人っ子政策という中国独自の事情に
も原因があるようです。

二人目ができてしまった夫婦は、あわてて引き取り
手を捜さなくてはならない一方で、子宝に恵まれな
い夫婦もいますから、ネット社会となった今、そう
いう情報を流して仲介するサイトが増えてきたので
しょう。

現代の日本では考えられない事件だけに、人身売買
をする中国人を理解できません。

毎日数十人の子供が誘拐されて、どこかで売られて
いるなんて、考えるだけでもゾッとしますし、買う
ほうも買うほうだと思いませんか。



隣人としては、経済成長よりも文化度アップに力を
注いでほしいところです。

いつも中国への批判的な記事を書きつつも、いつか
手を取り合えるひが来ることを望んでおります。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:人身売買
posted by 子竜 螢 at 10:09| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。