2013年07月23日

努力できることが才能

子竜が他人からよく言われることは、才能が
あっていいですね、でしょうか。

まあ、ほとんどの人は子竜の努力を知らないで
言っているわけですが、かといって、それほど
の努力家ではありませんけどね。



努力と才能の関係は、相反するといいますか、
重なり合うものではないとの意識があるかと
思います。

才能が9割と努力が1割、なんていう言い方
をしますよね。

でも、子竜は努力できることが才能だと感じて
いるのです。



わかりきっていることなのに、やらない人。

勉強しなさいと親から言われても、わかってる
と返事するだけで、なかなか机に向かえない人。

そういう人のことを才能のない人というのでは
ないかと、この頃では感じています。

才能のある人は、同じ努力をするなら、効率を
求めるでしょう。もっと楽に達成できる方法を
考えますね。



何にチャレンジしても成功しないとすれば、努力
が足りないのでもなければ才能がなかったわけで
もありません。

努力するための才能に乏しかったからではないで
しょうか。

今回は、ちょっとだけ変な記事でした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:努力と才能
posted by 子竜 螢 at 13:20| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする