2013年07月31日

日銀黒田総裁の誤認識

日銀の黒田総裁が、消費税を上げても経済
には大きく影響しない、との発言をしまし
たね。

本当にこの人で大丈夫なのか、という気が
してきました。

消費増税に反対だからではありませんよ。
経済に影響しない増税なんて、あるわけが
ないじゃないですか。



なにがなんでも増税したいという一派は、
都合のいい部分だけの論理を述べるもので
すよね。

仮に、消費増税をしないで、各企業が製品
やサービスの価格を5%値上げしたなら、
売り上げはどうなるでしょう。

もちろん、落ちますよね。値上げ前の売り
上げを維持したり上回ることなんて、あり
えません。

もしも現状維持ができるという会社ばかり
であれば、とっくに値上げをして、デフレ
から脱却しているはずなのです。



月収30万円の人に5%の増税をしたら、
毎月1万5000円お小遣いが減ってしま
います。

どれほど経済に影響するのか、わからない
とは不思議な人物です。

それでなくとも、円安による物価高でお小
遣いの減り方は2万円になるかもしれませ
んよ。



しかし、財政再建のための増税はやむをえ
ないという気持ちもあります。

ならば、増税の前提であったお約束どおり
議員定数の削減と社会保障制度の将来像を
サッサと示していただきたい。

増税だけ先行させるなんて、許しませんよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 10:07| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。