2013年08月20日

消費増税を見送ったなら

消費税増税派の人々は、増税を実施しない場合に
起きる問題として、日本の財政再建が遠のくため
の国債金利の上昇を挙げています。

国債の金利が上昇すると、財政が一層苦しくなる
という悪循環に陥るというのです。

本当にそうなのでしょうか。



一方、消費税増税反対派は、子竜も含めて、せっ
かくアベノミクス効果が出始めて景気回復の兆し
が見えてきたところで増税するのはタイミングが
悪すぎるという主張でして、やり方によっては、
増税の必要すらないというのが言い分です。

増税の必要がない理由は、後述します。



消費税を上げる理由は、三党合意による社会保障
の充実だったのですが、いまだに社会保障の将来
像が示されたわけではなく、増税のみを先行する
のは本来おかしいのです。

いいえ、消費税を上げないと社会保障制度が崩壊
するというデマを、マスコミも一緒になって流し
たために、多くの国民が騙されました。

本当に社会保障費を消費税で賄うとすれば、26
%まで上げなくてはならず、そんな重税に国民が
耐えられるでしょうか。



財政再建が成功する方法は、ただひとつです。

毎年2〜3%の緩やかなインフレを誘導するだけ
でいい。物価が上がれば所得が上がり、税収も
上がるのです。

つまり、アベノミクスが成果を出すまでは、阻害
する要素のすべてを排除しなければならず、消費
を冷え込ませる増税もその中に含まれます。



また、消費税導入以前にあった物品税を復活させ
ることで、特定のぜいたく品にのみ課税すること
で、庶民の生活が脅かされることもありません。

要するに、現行の5%も撤廃してしまってもかま
わないほどのインフレになればいい。

法人税も下げる必要なんてありません。

法人税を払っている法人は全体の2割程度ですし
日本の企業が海外へ行くのは、法人税が高いから
ではなく、海外の安い人件費が魅力だからです。



このように、税制全体としての見直し効果も期待
できるのですから、消費税のみにこだわる必要な
どないにもかかわらず、なぜ増税なのかわかりま
せんね。

しかも、企業滞納額がもっとも多い消費税ですよ。
輸出割戻しで1%分も非課税にしている消費税な
のです。

どういう根拠で、もっとも公平な税負担、といえ
るのでしょうか。



過去に遡ってみますと、消費税というものを導入
してから、日本の景気は停滞しました。国債の
発行残高も急激に増えています。

失われた20年と民主党政権の3年間が、まさ
しくそうではありませんか。

消費税というものが、国民の消費意欲をなくして
いたのは明白なのに、今度は一気に倍額にするの
ですよ。



増税を実施しない場合の国債金利の上昇について
も、必ずそうなるという根拠はありませんし、金
利上昇と同じインフレ率であれば、何も問題はな
いわけです。

一方で、消費税が景気を冷え込ませてきたのは、
統計的にはっきりしていますし、導入後から税収
が導入以前を超えたことなど一度もありません。



もう、マスコミのデマ報道を鵜呑みにするのは
やめましょう。

新聞だけは非課税にしてほしいなんて言っている
業界ですからね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:消費税
posted by 子竜 螢 at 08:52| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。