2013年08月26日

24時間テレビを考える

日本テレビの24時間テレビというチャリティー
番組が、ネット上では問題視されています。

全国で募金を謳う名物番組になりつつある反面、
裏側の暴露や経費とギャラの問題など、さまざま
な面から取り上げられています。



そもそも、チャリティーというと美しく感じて
しまうのが日本人なのですが、誰のためのもの
なのか、理解に苦しむ点も多々ありますね。

まさか、売れないタレントの救済目的ではない
とは思いますが、番組制作費が募金金額を上回
っているとの指摘もあって、かなりの反響とな
っているようです。

節電が叫ばれている折に、24時間やる必然性
があるのでしょうか。

個人からの募金ではなく、企業からの募金を求
めればいい。

などなど、番組が始まった頃とは違う世相が、
そのまま繁栄されております。



番組の目玉であるマラソンにもかなり批判意見
が多く、ランナーとトレーナー、そして医療班
などのギャラを、そっくり募金したほうがいい
との指摘も。

そして、なにより、日頃から障害者や難民を採
り上げた番組がないので、唐突な感じがすると
いった意見もありました。

ともかく、経費のほうが上回っているのでは、
番組を継続する意味がありませんよね。

いっそ、日本テレビが制作費予算額をそのまま
募金すればいい?


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 17:24| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。