2013年09月03日

ブラック企業を査察へ

厚生労働省がようやくブラック企業対策に乗り出し
たようですね。

全国4000社を対象に立ち入り調査をするとのこ
とですが、それに先立って電話相談窓口を設けたと
ころ、1000件を超える相談がありました。



電話相談でもっとも多かったのが残業代の未払い
で、次が長時間労働でした。

その情報をもとに、立ち入り調査の対象を増やす
方針らしく、ブラック企業の経営者たちは戦々恐々
といったところでしょうね。



ブラック企業の定義は難しいのですが、1年以内に
半数以上が辞めてしまうところは間違いなくブラック
といえるでしょう。

採用条件の給与額などが守られない企業も、完全な
ブラックですね。成果が上がっていないなどの理由
をつけて給与額を減額するなどは言語道断です。



ブラック企業が生まれる背景はさまざまでしょうが、
最大の原因はやはり正社員よりも派遣や臨時などの
雇用形態が一般化してきたところにあると思われます。

人間を使い捨てし代わりならいくらでもいるなんて
考えは、そもそも経営者としての資質が疑われるも
のでしょう。

若者の雇用安定こそ景気回復の原動力であり、デフレ
解消には欠かせないものです。

ブラック企業には厳しく対応してほしいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:ブラック企業
posted by 子竜 螢 at 10:19| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。