2013年09月06日

非嫡出子の相続権違憲判決

最高裁で、非嫡出子の相続権が嫡出子の2分の1
とする民法の規定を、平等の原則から違憲とする
判決を下しました。

ほとんどの人には影響しない判決確定ですが、家
族とは何か、をあらためて考えさせられる判決で
はないでしょうか。



判決理由の中で、現在の婚姻制度は広く定着して
いるが、一方では生き方の多様性もみられるよう
になった、という趣旨のことがあります。

つまり、婚外子が増えることを認めつつも、従来
からの家族制度が基本だと言っているのです。

判決では、婚外子として生まれてきた子に罪はな
いとして、嫡出子との差別を違憲としました。

決して、不倫の子を産んでもいいとか、実質的な
重婚を認める判決ではないのです。



それと、すでに配分の終わった遺産にまで再分配
を適用するのは混乱が生じるとしています。

これは、一票の格差問題で、違憲状態としながら
も選挙そのものは有効とする判決に似ています。

つまり、政府与党の間でも民法の改正には慎重な
人がまだいる理由は、必ずしも民法まで改正する
必要がないとの判断なのでしょう。



それにしても、結婚までに至らないまま生まれて
きた子はいいとしても、不倫なのに子を産むとい
う女性は、明らかに遺産目当てでしょう。

嫡出子の母親の感情を考えますと、平成7年7月
5日に最高裁が示した合憲の判断のほうが、子に
罪はないとしても女性へのペナルティー的な意味
があったように感じます。

もしも民法を改正するなら、昔のように姦通罪を
復活させませんと、実質的な重婚を合法化してし
まうことになりかねないような気がしますね。

子竜は古い人間です。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:非嫡出子
posted by 子竜 螢 at 10:50| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする