2013年09月19日

十五夜と月の名称

今夜は十五夜ですね。

日本列島が台風一過の秋晴れに恵まれて、今夜
も雲がほとんどない晴天のようですから、月見
には絶好の夜です。



いつも感じていることなのですが、事象や天候
に関して、日本語ほど美しい言語はありません。

満月は名月・望月などとも呼ばれ、中国が発祥
ではあるものの、日本人は独自の風流心を育て
てきました。

十五夜から4日後まで名称を付けて、月の出が
段々と遅くなるのを表現しています。

十五夜 じゅうごや
十六夜 いざよい
立待月 たちまちのつき
居待月 いまちのつき
寝待月 ねまちのつき

居待とは座って待つという意味です。



今夜は兎も餅つきで忙しそうですね。

アポロ11号が有人着陸を成功させてからそんな
ことは言わなくなりましたが、兎の餅つきと表現
した昔の日本人は、きっとロマン溢れる人たち
だったのでしょう。

今夜は月見酒といきましょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:十五夜
posted by 子竜 螢 at 12:34| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする