2013年09月22日

履歴書の空白を埋める

ニートと呼ばれる無職の若者が60万人以上
いるといわれています。

本当はもっと多いのだろうと感じていますが
中にはどうしても就職できずに、結果として
ニートに甘んじている人も少なくないでしょう。

統計は、あくまでも30代までのもの。



景気回復を本物にするためには、若者にお金
が行き渡るようにしなければなりません。

ちゃんと結婚生活が維持できるほどの収入が
与えられなければ、ますます少子化になって
しまうでしょう。



長らく無業だった人が就職しようとしても、
困った問題が生じます。

履歴書の空白が埋められないので、面接での
質問に答えられないのです。

「職歴にかなりの期間の空白がありますが、
仕事をしておられなかったのですか」

そう質問されますと、答えられないから採用
されません。



ならば、ちゃんとした理由のある回答を用意
しておけばいい。

何々について勉強していたとか、就職が決まら
ないのでバイトを転々としていたとか。

もっとも悪い回答は、病気療養ですね。企業は
健康に不安がありそうな人を雇いません。長く
働いてほしいからです。



かといって、嘘を書き連ねたり嘘の回答をする
のは心が痛むでしょう。

なので、採用された際には頑張る気持ちを伝え
ましょう。それこそが面接官が一番聞きたい
回答かと思います。



でもね、人手が足りなくて困っている業種はい
くらでもあるのですよ。

建設・介護などは、慢性的に足りませんからね。

体力に自信があるのなら、次の日からでも働け
ます。要は、仕事をしたいという気持ちでしょう。

履歴書の空白なんて、絶対に挽回してやる、と
いう気持ちが大切です。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:ニート
posted by 子竜 螢 at 10:38| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。