2013年09月27日

零戦論争に発展

「風立ちぬ」の作者宮崎駿氏が、実写版映画「永遠の0」
を批判したことから、ネット上ではさまざまな意見が
飛び交っております。

戦争の賛美につながると「永遠の0」を批判した宮崎氏
が、なぜ零戦の開発者堀越二郎を題材に選んだのか、と
逆批判を浴びているのです。



両作品間での論争が、零戦が名機であったか否かにまで
発展しました。

そうなりますと、著作の中で零戦を批判してきた子竜と
しましては、参戦するしかありませんね。



零戦を、間違ってもゼロセンと読んではいけません。

ゼロは英語ですからね。当時の兵器に英語を混ぜた名称
を付けるはずがないのです。正しくはレイセンでして、
零式艦上戦闘機が正式な名称です。

NHKでは、ゼロセンと言っていますが、抗議する気
にもなれない初歩のミスですね。



それはさて置き、子竜が零戦を駄作と考えるのは、防弾
性能をまったく除外しているからです。

当時の日本の技術では、高出力のエンジンを開発できま
せんでした。ドイツからタイガー戦車のエンジン設計図
を貰ったにもかかわらず、日本で作るとなぜか失敗。

そのために、重量のある防弾板をまったく採用しない
方向に決定されたのです。堀越氏の責任ではありません。

その結果、開戦当初こそ超人的な搭乗員が揃っていたの
で零戦が圧勝しましたが、第二世代の搭乗員たちは、敵
機からの銃撃によって、機上で多くが戦死しました。

一方、防弾性能に優れていたアメリカの戦闘機は、撃墜
されてもパイロットには被害がないので、多くの場合に
パラシュートで脱出できたのです。



決して戦争を賛美しているのではありませんよ。

宮崎氏は子竜が書いている作品こそ戦争賛美だと決めつ
けておられますが、推理小説が殺人を奨励しているわけ
ではないのと同様に、歴史の可能性を追求しているだけ
なのです。

いいえ、平和だからこそ、子竜の作品が読まれるのだと
思います。戦争を読んで今の平和を満喫する、というの
が正しい読み方でしょうね。

時代劇やサスペンスの中で、毎日何人も死んでいます。

八重の桜で、鉄砲を撃った八重という主人公の女性を
誰が批判できるというのでしょう。



戦争を美化しようとしているのは、日本人ではなく中国
でしょう。北朝鮮も軍備による威嚇をやめようとはして
いません。

韓国だって、70年も前の戦争をネタに戦勝国気分に
浸っているのですから、宮崎氏の他者への批判は、それ
らの国へこそ向けてほしいものです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:41| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする