2013年10月04日

野党が静か過ぎるのは

このところ、野党が静か過ぎますね。

そういう印象を抱いているのは、子竜だけでは
ないでしょう。

参議院選挙でも自公が圧勝したとはいえ、全野党
が今のタイミングでの消費増税の決定には反対を
していたはずなのです。



最大野党の民主党はまだ信頼を回復するには至っ
ていないことや、こんなの党のお家騒動など、国
民目線でみますと、やはり政権を任せられるのは
自公勢力しかないと映ってしまいます。

堺市の市長選挙で破れた維新も、最近は静かです
ね。何かにつけて派手なコメントをしていた橋下
代表が静かなのが気になり始めました。

もう一人の石原共同代表も、オリンピック招致に
成功してからは音沙汰が感じられません。



政策ごとに野党が結集するのは当然のことと受け
止めていたのですが、最近の野党は何か変です。

安倍首相がいかに素晴らしい人物であろうと、人
間であるからには時々判断を狂わせることもある
でしょう。

消費増税ばかりではなく、震災復興・脱原発・T
PPなどの大きな論点が、なぜか野党の沈黙によ
り霧散したようにさえ思えてしまいます。



小党の乱立が自公の独走を許しているといいます
か、野党の支持票を分散させてしまったのです。

そして、野党全体をまとめ得る人物も見当たりま
せん。

脱原発を言い出した小泉元総理あたりが、まとめ
てくれませんかね。二大政党制への足がかりは、
良くも悪くも、あれくらいのリーダーシップを
発揮しませんと実現しないでしょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:消費増税
posted by 子竜 螢 at 13:28| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする