2013年11月04日

山本議員の手紙

秋の園遊会にて山本太郎参議院議員が天皇陛下に
手紙を手渡ししたことが、波紋を広げております。

早くも議員辞職すべきだとの声も上がっており、
一方では、葛飾区議会選挙の応援演説で、警察官
50人で警護する騒ぎにまで発展しました。



山本議員は断じて政治利用ではないと主張し、む
しろ東京オリンピック招致のほうが政治利用だと
述べています。

何が問題の根源なのか、整理しておきませんと今後
に禍根を残すことになりかねません。



園遊会に招かれるのは各界の著名人や活躍している
人に限られております。

山本議員の場合、国会議員の中から抽選で選ばれた
だけでして、宮内庁が選別をした正式な招待客とは
意味合いが違います。

それなのに、前例のない直訴的な行為をしたことが
問題視されているのでしょう。



山本議員は、手紙を宮内庁の職員に託すべきではな
かったか、と考えます。

法律で禁じられている行為ではないにせよ、伝統的
な行事の中で前例のないことを許可も得ずにやるの
は、議員としても大人としても恥ずべき行為だと思
うのです。

手紙に何が書かれてあったのかは、この際問題では
ありません。陛下も政治利用されるのを避けるため
に、開封はなされないでしょう。



単に自己顕示のためのパフォーマンスだったのか。

そういう見方もありますね。読まれないことを知っ
ていたなら、そういうことになるでしょう。

東京オリンピックと我が行為を同列に考えているの
にも、どうかと感じました。

オリンピックは、少なくとも国民の利益もしくは公
に関することです。特定の人だけに利益をもたらす
政治利用ではありません。



山本議員に続いて、アントニオ猪木議員も、議会の
承認を得ずに北朝鮮へ渡航してしまいました。

本人は、強いパイプを持っているのだから、利用し
ようとしないほうがおかしい、と許可制度そのもの
に反発するコメントを残してゆきました。

どうやら、お二人には公私の区別がないようです。

俳優として、あるいはプロレスラーとして素晴らし
い実績があったとしても、議員としての自覚がない
のには残念です。

とくに猪木氏は好きなレスラーだっただけに、規則
を守らない姿勢には幻滅に近い感情を覚えました。



ともかく、前例のないことをやった結果、それが前
例となってしまう場合の弊害を考えられないという
のは、正邪を超えた次元の問題です。

真似をする人が二度と現われないよう、陛下が政治
利用されないよう、園遊会に政治家を招くのをやめ
にしてはどうかと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:山本太郎
posted by 子竜 螢 at 07:51| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする