2013年11月07日

メニューの誤表示問題

いわゆるメニューの誤表示が、あっという間に全国
へと広がりました。

どこでもやっていた、ということがわかってきます
と、返金するという話がとんでもない騒動に発展し
かねません。



誤表示なのか偽表示なのか。

わかってやっていた確信的な場合には、食品表示法
などに触れる恐れがあり、これからが本当の問題と
なりそうです。

それにしても、厚生労働省や農林水産省が調査に乗
り出すタイミングが遅いですね。

今のところ、自主的に誤表示を発表した外食業者が
あっただけでして、調査によって発覚したケースは
ほとんどないようです。



ただ、どこまで厳密さが求められるのかといえば、
顧客にとっては美味しければいいだけのことで、
どの海老だったかなどは問題ではないでしょう。

肉の質や冷凍の魚などでも、調理の技術や工夫に
よって、美味しく仕上げられているのであれば、
とくに問題は感じないと思います。

なので、返金に関する問い合わせが殺到したという
のには、違和感を感じてしまいました。

顧客が誤表示に気付いていての返金要求であるなら
ともかく、食べたときに満足したのであれば、あえ
て返金要求をする権利はあるのでしょうか。



飲食の代金は、店の雰囲気・調理の技術なども含ま
れており、食材の分はわずかでしかありません。

食材の原価は調味料やガス代を含めて3分の1とい
うのが常識的な範囲なのです。

もちろん、確信犯的な業者もいるのでしょう。

そういう業者へは返金要求ではなく、二度と行かな
いことが最大のペナルティーになるでしょう。



この問題は、御節の予約を開始している業者にも大
きな影響を与えそうです。

パンフレットの写真と違うだけで誤表示になるのか
否か、難しい問題へと発展しそうな予感がします。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 07:43| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする