2013年11月10日

北に勝てない韓国

韓国の国会が防衛問題で揺れています。

ある議員が国防大臣にぶつけた質問によって、防衛
態勢の不安が鮮明になったためでした。



北朝鮮と戦争になった場合、韓国は勝てるのか?

この問いに、国防大臣は勝てると断言。

しかし、細かな戦力比を求められると、すぐに矛盾
点が多く露見しました。

誰がどう見ても勝てる要素がなかったのです。



在韓米軍の存在が、北朝鮮への抑止力になっている
ことは言うまでもないのですが、有事の際の指揮権
を韓国側に委譲する条約は履行されないままです。

つまり、韓国軍単独では勝てないことを、みんな知っ
ているのですね。



不確定要素として、中国の参戦もあるでしょう。

その場合、アメリカ軍は中国軍と戦うつもりなのかど
うか、怪しい限りです。

ただし、この点は日本にも当てはまることでして、
尖閣諸島をめぐる軍事紛争が発展した場合には、在日
米軍をあてにはできないでしょう。



そうした危機感がありながらも、決して敵ではない日本
への反感を増しているのが韓国の不可解さですね。

まさか、最近の急速な接近にみられるように、韓国は
中国を友好国とでも考えているのでしょうか。



ともあれ、エネルギーと食料と兵器が国産できなくては
真の国防とはいえません。

早急に自然エネルギーの活用を進め、法人参画の農業を
実現し、兵器開発に力を注がなくてはなりません。

国際問題は話し合いで解決すべき、という意見の方も
おられるでしょうが、それは相手国がまともな場合で
あって、歴史を捏造して難癖つけてくる相手には通用
しません。

決して仕掛ける戦争のためではなく、安心安全な国防
のためには必要と考えます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:北朝鮮 韓国
posted by 子竜 螢 at 10:52| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。