2013年11月18日

中国のフィリピン援助

フィリピンのレイテ島を襲った台風30号は、日本の
伊豆大島とは比較にならないほどの被害を与えました。

もともと簡素な住居が多かったせいもありますが、
瞬間最大風速が80メートルだったといいますから、
何もかもが吹き飛ばされる暴風だったでしょう。



救援物資が世界中から送られる中、中国は当初1200
万円の支援にとどめておりました。

スカボロー礁をめぐる領土争いが背後にあったのは明白
ですが、世界第二位の経済大国になった中国ですから、
世界中から非難を浴びたのです。

しかも、位置的にもっとも近い国のひとつであり、大人
げない対応に批判が集中しても当然ですね。



中国はようやく大規模な援助実施を決めましたが、批判
を浴びてからの援助拡大では、イメージを拭えるもので
はありません。

こういう国が安保理の常任理事国なのですから、そろそ
ろ日本と交代すべきと考えます。



最近、中国では共産党の重要な会議が開かれました。
会場の建物付近で爆発テロが起きましたよね。

その会議では、夫婦のいずれかが一人っ子である場合に
限り二人の子供を容認する、と事実上の一人っ子政策を
廃止する動きに変わったようです。

日本よりも少子高齢化の激しい中国でしたので、よいと
思われる反面、世界中から粉ミルクが不足する事態が懸念
されております。

ことに、日本の明治乳業が中国から撤退してからは、欧州
での買占めが目立つようになり、一人何缶までという販売
規制をしています。

当然、日本国内でも起こり得る問題でして、中国産の製品
に毒物混入事件が絶えない今、もっとも軽快すべきことで
あるのは間違いありません。

もっとも、フィリピンへの物資援助の中に、食料支援こそ
含まれてはいないようですが。。。



ともあれ、軍事力さえ増強すれば世界が認めるだろう、な
どという独自の理屈が通らないことを、今回の台風で理解
したのかしていないのか。

多分、していないのでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:台風30号
posted by 子竜 螢 at 10:05| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする