2013年11月19日

反原発への対案?

反原発を叫びますと、必ず対案を示せと言う人がいます。

この場合の対案とはどのようなものであろうか、と不図
疑問に感じてしまいますね。

なぜなら、発電の方法や量をを問題としているのではなく
原子力発電は危険だからやめようと言っているのですから
対案とはどのようなものか、と逆に聞きたいのです。

温暖化対策を問題にしているわけでもありません。電力
料金の問題でもありません。



議論を巧みに摩り替える手法は、原発推進者さんたちに
とって命綱なのでしょう。最後の牙城が崩れたなら、利権
を手放さなくてはならないからです。

脱原発や反原発に反論するには、原発の安全性を証明しな
くてはなりません。

安全なのか危険なのかという論争なのですから、代替エネ
ルギーがどうのこうのという論法は成立しないのです。



福島第一の事故処理がとっくに終わっていて、住民の避難
がわずか数日であったなら、安全と認めてもよいでしょう。

しかし、2年半以上も経ってようやく1号機の容器破損が
判明しましたし、まだ16万人もの人々が避難生活のまま
なのです。とても安全とはいえません。

なおかつ、補修のメドさえ立っていないのですから、代案
とはどういう意味なのでしょうか。脱原発のために代案を
示す必要があるのでしょうか。



危険だからやめる。

とりあえずは火力に頼り、自然再生エネルギーの開発に
全力を注ぐ。

それだけのことです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:脱原発 反原発
posted by 子竜 螢 at 12:51| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする