2013年11月25日

猪瀬知事の苦しい弁明

東京都の猪瀬知事が苦しい弁明に追われていますね。

昨年の衆議院選挙で5000万円の資金援助を受け
ながら、収支報告書に記載していなかったことが問題
となっております。

しかも、資金提供したのが、選挙違反で特捜部から
捜索を受けている徳州会からでして、猪瀬知事も政治
資金ではなく個人的に借りたなどと証言を翻したりで
ますます苦しい立場に追いやられています。



猪瀬直樹氏といえば、「昭和16年夏の敗戦」が代表
作の小説家で、よくぞここまで調べたものだ、と子竜も
感心させられたほどでした。

でも、記者会見での証言のブレは、問題でした。

政治資金規正法に触れるとわかった途端に個人的な借り
入れだと変更しながらも、終始報告書を慌てて修正する
ようでは、信用されないのが当然でしょう。

無担保無利息で5000万円も貸してくれる人がいる
とも思えません。

そして、返した次期も、徳州会に強制捜査が及んでから
ですので、徳田毅議員の選挙違反事件がなかったなら、
ずっと貰ったままだったのでしょう。



これ以上の追求は都議会に任せますが、心配なのは五輪
招致に影響しないか、という部分です。

すでに招致が決定しているとはいえ、招致運動の中心
人物が不正をしていたとなりますと、五輪招致でも不正
があったのではないかと疑われかねない点です。

どこかの国のように、招致のためにIOC委員に賄賂を
贈ったり審判員を買収するのと同じように見られかねな
いのです。



小説家としては尊敬している一人であっただけに、弁明
と対処の二転三転はとても残念です。

政治家になるとなぜ潔さがなくなってしまうのか、不思議
で仕方がありません。

万人が納得できるちゃんとした説明をしてほしいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 12:16| Comment(5) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。