2013年11月28日

防空識別圏の余波

中国が一方的に線引きした東シナ海の防空識別圏
について、思わぬ方向に余波が広がっています。

先日、アメリカ軍のB52戦略爆撃機2機が事前
の通告なしに同海域を航行しました。

その結果、中国のネット界では、何も対応しなかっ
た政府に対して批判の書き込みが続出したのです。



防空識別圏を設定したときには、中国政府は日本
だけを意識したものではないと説明していました。

しかるに、アメリカ軍機に対して何の反応も示さ
なかったからには、中国の国民も黙ってはいられ
ないでしょう。



近々訪中するアメリカの政府高官は、防空識別圏
について中国と協議するようです。

いたずらに緊張を高める一方的な措置は国際法に
も違反しており、公海の航行の安全は保証される
べきとの立場で臨むようです。

どうやら、中国政府にとっては諸刃の剣となった
らしい防空識別圏ですが、台湾も反発しているこ
とから、一気にウミが噴き出すのかもしれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:防空識別圏
posted by 子竜 螢 at 08:55| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。