2013年12月24日

韓国軍へ実弾を供与

南スーダンの内戦にPKOとして参加している
陸上自衛隊から、韓国軍へ小銃用の実弾1万発
が供与されることになりました。

国連を通じて韓国側から要請があったとのことで
すが、当の韓国側は不足などしていないと発表し
たことでも問題になりそうです。



供与されるのは、殺傷能力の低い銃弾で、アメリカ
以外には日本くらいしか保持していません。

PKOの役割からしますと、通常弾では過剰防衛に
にりそうなことから、韓国側から提供を申し入れた
ことになっています。

しかし、本当にそうなのか、という疑念以前に、反
日を国是としている韓国ですので、そのような要請
があろうとなかろうと、供与してよいものか。

また、武器輸出三原則にも触れることから、国会の
承認なしで決めていいことではありません。



もっとも、韓国側は銃弾が不足しているなどとは口
が割けても言わないでしょうね。北朝鮮軍が南下の
チャンスと捉えてしまいます。

真偽のほどはいずれにせよ、供与したらしたで、し
なかったらしなかったで何かイチャモンをつけてくる
韓国ですから、拙速な決定は謹んでいただきたいもの
です。

この問題は、年明けの通常国会の目玉論議となるで
しょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 20:08| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする