2013年12月26日

辺野古沖を埋め立てへ

沖縄在日米軍の普天間基地が、辺野古沖を埋め立てて
移転することになりそうです。

これまで県外移転を主張してきた沖縄県知事が、辺野
古沖の埋め立てに賛同したものです。



辺野古沖はさんご礁が見事な場所で、これまでは環境
保全の立場からもあって、県外移転が叫ばれてきまし
た。

しかし、最近の中国の出方により、危機感を覚えたの
でしょう。在日米軍がいなくなれば自衛隊が替わりに
大挙して駐屯するので、実質的な変化は期待できない
との判断もあったろうと思います。



ともあれ、基地の移転問題はこれで決着しそうですが
沖縄県民の大半が納得しているとは言いがたいだけに
まだまだ二転三転する可能性は残されているかもしれ
ません。

最終的にはどのような形に落ち着くにせよ、南西諸島
の防衛に沖縄の基地は欠かせません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:普天間基地
posted by 子竜 螢 at 08:28| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。