2013年12月27日

安倍総理の靖国参拝

安倍総理が靖国神社へ参拝しました。

内閣総理大臣としての参拝ですが、玉串料などは
私費だったそうです。



当然のことながら、中韓は猛反発でしたね。

でも、アメリカまでが懸念を表明したのには、いさ
さか驚きました。わざと緊張を高める行為には理解を
してくれなかったのでしょう。

が、内政干渉にあたらなくはないでしょう。



A級戦犯も含めた戦没者の慰霊を靖国信者に決定し
たのは、昭和26年の通常国会での決定です。

国内の問題としましては正教分離の原則というもの
があるのですが、国会で決定されたものは国会にて
是正してゆくのが本筋であって、裁判所が判断する
ことではなく、まして、外国からとやかくいわれる
事柄ではありません。

これも当然のことながら、連立与党の公明党は即座
に反対意見を表明しました。

公明党の正教分離問題はどうなのですかね。



靖国神社を公式参拝した歴代の総理には、共通点が
あるように感じます。

強い信念を持って政策を押し通す、という共通点です。

小泉氏がそうでしたよね。郵政をどうしても民営化
したいから、衆議院を解散してまで民意に訴えました。

アベノミクスはまだ途上ですが、意外に期待できる
総理なのかもしれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:靖国神社
posted by 子竜 螢 at 09:21| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする