2014年01月21日

少しは見直した

対馬の寺院から韓国人が盗み出した仏像を韓国
政府が日本へ返還しないと決定していることに
ついて、動きがありました。

国外へ流出している美術品などを取り戻す運動
をしている韓国の市民団体が、韓国政府を相手
に裁判所へ提訴したのです。

日本のものは日本へ返却すべきだと。



市民団体の主張では、他国のものを奪ったまま
では、自国の文化財を返還してもらおうとして
いる運動とは相反し、国際的に認められるわけ
がないというものです。

そのとおりですね。自国だけに都合のいいこと
など、国際社会は認めないでしょう。

韓国の裁判所がどのような判決を下すのか。世界
中が注目していると思います。



また、元々は韓国の寺院にあったものという根拠
にも乏しく、窃盗犯の愛国無罪だって売れいれら
れるものではありますまい。

ともあれ、普通の良識を持った人もいるんだな、と
少しだけ安心しました。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:仏像盗難事件
posted by 子竜 螢 at 17:05| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする