2014年02月10日

都知事選の結果と脱原発運動

都知事選は、マスコミ報道のごとく舛添要一氏の
圧勝で終わりましたね。

安倍総理はその結果を受けて、民意は脱原発では
なく、安全性が確認できた原発から順に再稼動さ
せると発表しました。



ええっ!

東京都の人口は国全体の1割程度なのですよ。

しかも、脱原発は論点にならなかったはずでして、
各種の世論調査でも、再稼動に反対している人は
49%と約半数に及ぶのですが。。。



本当に都民が再稼動を望むのであれば、皇居の隣
にでも新たな原発を作ればいい。

地価が高いからナンセンスだと言う前に、自宅の
すぐそばにあってもいいのかどうか、ちょっと考え
たならノーという答えしかないと思いますよ。



都民が脱原発に対して否定したと考えるのは、明ら
かに拡大解釈です。

こういう問題は、きっちり国民投票にて決着すべき
だと思います。

廃炉の費用まで含めたなら火力発電よりも高価なの
ですが、一般の原発推進派は数字のマジックに気付
かないままなのです。

万一事故が発生した場合の補償額やジョ選費用も含
めますと、天文学的な金額となるでしょう。



目先のことだけを考えてはなりません。

危険なものを次世代に残したくないだけなのです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:脱原発 都知事選
posted by 子竜 螢 at 20:41| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする