2014年03月26日

花見の豆知識

そろそろ花見の季節ですね。

早いところではもう開花しておりますので、これから
が本番といったところです。



昔から、花見には飲食のドンチャン騒ぎをするのが慣わ
しなのですが、これにはちゃんとした理由があります。

植物には陰と陽のものがあって、桜は陰の木とされています。

陰の木ですから、鑑賞するには陰鬱にならぬよう騒がなく
てはなりません。



一方、梅は陽の木でして、梅見を賑やかにやりますと強い
陽気に当てられて、鼻血が出たりすると言い伝えられて
きました。

鬱に悩んでいる人は、桜の花見ではなく梅見に出かけま
しょう。

幹に掌を当てて、掌に意識を集中させながら何度か深呼吸
しますと、陽気が身体の中へ取り込まれます。



というわけで、陰陽を正しく理解した上で花見を楽しんで
くださいませ。

夜の花見は冷えますから、風邪など召されませんように。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:花見
posted by 子竜 螢 at 18:06| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする