2014年04月02日

調査捕鯨がピンチに

オーストラリアからの提訴を受けて、国際司法裁判所が
日本の調査捕鯨のやり方を、条約の趣旨に反するものと
判決を下しました。

調査捕鯨とはいいながら、実質的には商業捕鯨ではない
かというのです。



まあ、痛いところを突かれましたね。

しかし、条約の本来の目的は、鯨資源の保護ではありません。

商業捕鯨の再開に向けて、時期を探るための調査が目的だった
はずなのです。

日本は古くから捕鯨をやってきた国ですので、他国には馴染ま
ない文化ではありますが、条約の趣旨はあくまでも商業捕鯨の
再開が前提ですので、へこむ必要はないと思います。



それにしても、豚や牛は殺して食べているのに、鯨はダメだ
なんて、ずいぶん勝手な言い分ですよね。

魚類にしたって絶対に食べないというわけではありますまい。

単に文化の違いというよりも、日本が野蛮な国だという先入観
のみの提訴であり判決ではなかったでしょうか。



小学生の頃、給食にでてくる肉といえば、鯨でした。

その頃はあまり好きではなかったのですが、懐かしい味ですね。

こうなれば、日本は商業捕鯨再開の時期を明確にするよう、逆に
提訴すべきだと考えます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:調査捕鯨
posted by 子竜 螢 at 06:49| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。