2014年04月05日

業者の増税後販売戦略

駆け込み需要後の策として、サービス業各社はいろんな
戦略を立てているようですね。

実際にも4月に入ってからは客が激減したりしています
から、あの手この手で客集めに必死なようです。



諸費税還元セールなどの表示が禁止されているため、あ
る小売チェーンでは、以後の買い物にも利用できるポイ
ントを増やす作戦に出ました。

また、全国展開中の讃岐うどんのチェーンでは、うどんを
3%増量したことが評判を呼んでいるようです。

阿倍総理が三越で買い物をしたそうですが、デパ地下の
タイムセールは相変わらずの人気でして、3割引や半額
などのシールが張られた食品ですと、増税など関係ない
ですよね。



大型家電は別としても、増税後でも安く買う秘訣は多々
あります。

台所用品ですと、業務用の中古品を扱っているお店が
オススメです。

テーブルや椅子まで揃えている店があるほどですので、
業務用のしっかりした物を安価で買えるでしょう。

リサイクルショップの品物は、本当に不用品といった
感じの商品が多いのですが、中には小型の冷蔵庫や掃除機
なども置いてあったりして、穴場かもしれません。


ラベル:消費増税
posted by 子竜 螢 at 19:55| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。