2014年04月09日

目標設定の新しいやり方

先日、ある居酒屋でたまたま隣り合わせた年配の男性
から、いい話を聞きました。

その年配者は厨房設備会社の社長だということで、目標
設定と達成度に関する新たな考えを披露してくださいま
した。



新年度を迎えて、抱負や目標を設定された方は多いと
思います。

しかし、ともすれば大きすぎる目標はストレスにもなり
かねず、自己嫌悪に陥ってしまう原因にもなりかねません。

厨房設備会社の社長は、こう仰いました。

「細かな目標、というより願望でいいから100ほど紙に
書き出しなさい」

細かな願望でいいというのは、あの娘と付き合いたい、でも
いいですし、あのバッグがほしい、でもいいのだそうです。



難易度の低い目標といえども、100もありますと全部の達成
は困難です。

達成できたものは消して、新たに思いついたものは追加する
のですが、最初はだんだんと増えてゆくといいます。

が、年数とともに達成できた数は、相乗効果によって増えて
ゆくそうで、結果的に大きな目標も自然と達成できるのだそ
うです。



実際に試してみました。

けれども、願望が100も出てきません。

せいぜい30ほどしか思い浮かばなかったのですが、還暦とい
う年齢なので、すでに達成できていることが多いのでしょう。

でも、この方法は楽しいです。ストレスになるどころか、ワク
ワクしてきます。

毎朝声に出して読み上げてみるのもいいかもしれませんね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

ラベル:目標設定
posted by 子竜 螢 at 06:56| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする