2014年04月11日

真偽のほどはこれから

理研への反論会見があってから、ニュースはほとんど
STAP細胞にまつわる話題ばかり。

世紀の発見か、と騒がれただけに無理はないのですが
立場による違いでの真偽論争を整理しなくてはいけま
せんね。



まず、科学者の場合には、論文のコピペの多さや写真
の切り貼りなど、許せない部分が多いのでしょう。

しかし、一般人の関心はそんな部分ではなく、STAP
細胞が本当に存在するのか否か、という部分ではない
でしょうか。



理研が捏造と断定した調査結果の報告では、もちろん
前者の論理が適用されました。

でも、小保方女史は反論会見で、後者のほうを強く訴え
ていましたね。すでに200回も成功していると。



この問題の決着は、小保方女史も含めたオープンなチーム
による再現実験しかありますまい。

他の誰もが成功していなくとも、論文では表現しにくいな
にかコツがあるのなら、何回かのうちには成功するのかも
しれません。

だが、まったくの嘘であるなら、再現実験を拒むでしょう。



ともあれ、素人があれこれ論議すべき話題ではなくなって
きた感があります。

あとは専門家による精査のみで、結果を待つしかないのです。

ただ、人類のためには本当に成功したみのと信じたいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html




posted by 子竜 螢 at 08:31| Comment(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。