2014年05月01日

御車山祭と天気の関係

富山県高岡市では、国の重要文化財として指定されている
御車山祭りが今日行なわれます。

かつて豊臣秀吉が後陽成天皇を聚楽第に招いた折に使われた
輿車を前田利家が払い受け、息子利長の時代に城下の衆に渡
されたのが由来とされています。

民衆は、6台の山車を追加して、現在の7台による曳き回しと
なりました。



詳しい統計は知りませんが、御車山祭りの5月1日は、天候に
恵まれているといった感じではありませんね。

雨の日が7割くらいあるのではないでしょうか。

残りの3割は逆に猛烈に暑い日で、ちょうどよい年はほとんど
なかったように記憶しております。

雨天の場合、3日の憲法記念日に順延されたこともあるのですが
多くの年では、車山の宿か仮設の展示場に飾られるだけで、曳き
回しは行なわれません。



ところで、車山町の人は曳き回しの人足にはならないという話
があるのですが、本当なのですかね。

伝統的に近隣の村から人足を集め、車山町の人は侍道中姿で前後
を固めて歩いています。

また、町内へ越してきた新参者が山車の宿をしなくてはならない
というしきたりもあるようでして、飲み食いのすべてを自己負担
するのですから大変ですよね。あくまでも噂ですが。。。



昨日までの雨は、なんとか上がったようです。

今年は暑くもなく寒くもなく、ちょうどいいかもしれません。
関野神社も例年に増して賑わうことでしょう。

あいかわらず、露天商の数はすごいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:御車山祭り
posted by 子竜 螢 at 08:30| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。